北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

【11/25】平成28年度ベースメタル研究ステーション (BMRS)・第2回 エコテクノロジー若手研究フォーラム講演会(東北大学多元研)

2016.11.14 イベント

日時:2016年11月25日(金) 10:00~17:30
場所:東北大学多元物質科学研究所 事務部棟2階大会議室

*参加費は無料です。
*直接会場にお越し頂いてもかまいませんが、事前にご連絡頂けると幸いです。
*プログラム等詳細は、こちらからご覧下さい。

【プログラム】
 10:00 開会挨拶  フォーラム座長・東北大学多元研 丸岡伸洋
 「サプライチェーンを通じた資源利用と関連するリスクの可視化」
    東北大学 松八重一代
 「2050年のエネルギー社会の絵姿と必要な技術開発」 産業技術総合研究所 細貝聡
 「廃熱利用技術における開発目標設定の考え方」 九州大学 木村誠一郎
    休憩
 13:00 
 「凝固相剥ぎ取りによる潜熱蓄熱システムの高速化」 東北大学 堤太一・丸岡伸洋・埜上洋
 「高温用蓄熱材料開発の新展開」 北海道大学 能村貴宏
 「【COURSE50】製鋼スラグ顕熱回収技術開発」 JFE 田恵太
    休憩
 14:30
 「ドロマイト系環境材料」 吉澤石灰工業 田村俊孝
 「粉コークスCaO 改質処理(LCC)による焼結NOx 排出量の低減」 新日鉄住金 原恭輔
 「二相分離によるAl-Mg合金からのMg除去」 東北大学 野口仁美・平木岳人
    休憩
 16:00 
 「二酸化炭素による各種リン酸塩および製鋼スラグの溶出挙動」 日本大学 遠山岳史
 「副産物を利用した二酸化炭素固定化技術の開発とその展開」 東北大学 飯塚淳
 「ガス攪拌槽における気液界面の物質移動特性」 八戸高専 新井宏忠
    意見交流・討論
 17:30 閉会

主催:日本鉄鋼協会 環境・エネルギー・社会工学部会 エコテクノロジー若手研究フォーラム
共催:物質・デバイス領域共同研究拠点、5付置研究所間「人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス」、日本鉄鋼協会東北支部(予定)、日本金属学会(予定)、日本軽金属学会

参加申し込み・お問い合わせ先
東北大学多元物質科学研究所 サステナブル理工学研究センター 丸岡伸洋 
E-mail: maruoka*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください) TEL: 022-217-5159