北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

【12/19-20】結晶対称性の破れによる種々の物性と電子状態 -理論と実験の協力を目指して-(東北大学多元研)

2017.12.11 イベント

12月19日および20日に東北大学多元研科研S棟セミナー室で多元研/産研ジョイントミーティングを、東北大学多元研が主催で人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンスの協賛を得て開催いたします。

ミーティングタイトル:
「結晶対称性の破れによる種々の物性と電子状態 -理論と実験の協力を目指して-」
多元研/産研COREラボジョイントミーティング 及び 東北大中性子グループワークショップ第7回

日時:12月19日、20日
場所:東北大学多元研西1号館(科学計測研究棟S棟)2階セミナー室
使用言語:英語もしくは日本語(発表スライドは英語)

ー プログラム ー
■12/19

 13:00 ~ 13:05 ジョイントミーティングの趣旨説明
 13:05 ~ 13:35 奥山大輔「反転対称性の破れた磁性体の特異な磁性とその構造」
 13:35 ~ 14:05 Johannes Reim「Stabilizing the skyrmion lattice in Cu2OSeO3」
 14:05 ~ 14:35 星野晋太郎「乱れたカイラル磁性体における磁気スキルミオン動力学」
 15:05 ~ 15:35 小口多美夫「反転対称性の破れと電子状態」
 15:35 ~ 16:05 青山拓也「マルチフェロイック金属の探索」
 16:05 ~ 16:35 山内邦彦「反強磁性秩序が誘起する強誘電性に関する第一原理計算」
 16:35 ~ 16:50 平岩琢朗「パイロクロア酸化物の第一原理計算」
 16:50 ~ 17:20 那波和宏「パイロクロア格子反強磁性体Na3T(CO3)2Cl(T = Co, Mn)の構造と磁性」
■12/20
 10:00 ~ 10:30 塩見雄毅「空間反転対称性が破れた磁性体のホール効果とスピン流」
 10:30 ~ 11:00 松村武「Yb(Ni1-xCux)3Al9におけるらせん磁気構造とキラルソリトン格子の形成」
 11:00 ~ 11:30 佐藤卓「反転対称性の破れた磁性体中のマグノン非相反伝搬」
 11:30 ~ 11:35 まとめ

問合せ先:
東北大学多元研スピン量子物性研究分野 ​奥山大輔
E-mail:okudaisu[at]tagen.tohoku.ac.jpです。