北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

【11/12】第27回素材工学研究懇談会(東北大学多元研)

2018.10.01 イベント

「材料特性と顕微鏡観察技術の最近の動向」 材料特性を理解するため、各種の顕微鏡が表面形態や内部組織の観察に利用されている。特に、透過電子顕微鏡は、金属やその化合物の微視的構造解析に広く活用されている。最近は、電子顕微鏡本体の分解能の向上に加え、集束イオンビーム(FIB)法を中心に、試料の加工技術の精度が飛躍的に向上してきており、界面や3次元構造の詳細な観察も精力的に進められている。本特集では、こうした最近の顕微鏡法の進展とそれによる材料特性の向上を踏まえ、電子顕微鏡法を中心に、この分野の第一線で活躍されている研究者に、最近の研究の動向とその応用研究の成果について、具体例を挙げて紹介していただきます。

日時:平成30年11月12日(月)13:30~19:00、13 日(火)9:20-12:20
場所:東北大学 片平さくらホール2F 大会議室
主催:東北大学多元物質科学研究所
共催:物質・デバイス領域共同研究拠点、
   人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス、
   日本金属学会東北支部、日本鉄鋼協会東北支部

※ 詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ 
素材工学研究懇談会事務局 進藤大輔、赤瀬善太郎
E-mail: sozai[at]grp.tohoku.ac.jp