北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

熊本地震に係る復旧・復興サポートについて

2016.05.24 お知らせ

熊本地震から1ヶ月余りが経過し、改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。また、今なお余震が続く被災地におきまして、皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
 
当拠点では、九州大学先導物質化学研究所を中心に、このたびの被害状況や必要な支援に関する情報収集に努めてまいりました。熊本大学、崇城大学、東海大学、熊本高専など大学・公的な研究機関に所属する研究者の皆様の研究教育活動の復旧・復興サポートについて以下の通りお知らせいたします。
 
復旧サポート:被災研究者・学生へオフィス環境を無償提供
※5研究所へ来所いただき、オフィス環境(デスク、ネット環境、PC等)を無償で提供します。
※旅費・滞在費の一部または全部を支援します。 
こちらからお問合せください。
 

復興サポート1:5研究所所有の共通分析機器等の無償機器利用          
※機器利用の際には各研究所の技術職員がサポートします。
※サンプル依頼分析も可能です。来所にて利用ご希望の場合は、旅費・滞在費の一部または全部を支援します。 
※希望に応じて学生も受入対象とします。
こちらからお問合せください。

【提供可能機器一覧】
ナノシステム科学研究領域 (北海道大学電子科学研究所)
物質創製開発研究領域(東北大学多元物質科学研究所)
物質組織化学研究領域(東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所)
ナノサイエンス・デバイス研究領域(大阪大学産業科学研究所)
物質機能化学研究領域(九州大学先導物質化学研究所)


復興サポート2:「熊本地震に係る緊急共同研究課題」を募集
基盤共同研究に準じ、申請を随時受付けます。
※申請時には「緊急共同研究課題」である旨ご連絡ください。
※必要に応じて、2研究所以上との共同研究・展開共同研究Bタイプとしての採択も可能です。
※希望に応じて学生も受入対象とします。
こちらからお問合せください。

プレスリリース: 東北大学Webサイト
メディア掲載: 日刊工業新聞(6月6日付)