北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

東工大化生研の中村浩之教授らによる研究成果「マレイミド修飾型クロソドデカボレート-アルブミン複合体の開発とその高い中性子捕捉治療効果」を顕著業績に掲載しました

2017.02.06 成果

東工大化生研の中村浩之教授らによる研究成果が、2016年7月12日、"Journal of Controlled Release" に掲載されました。「顕著業績」に掲載しましたので是非ご覧下さい。

タイトル:マレイミド修飾型クロソドデカボレート-アルブミン複合体の開発とその高い中性子捕捉治療効果
発表者:(東工大化生研)菊池俊介、佐藤伸一、中村浩之、(学習院大)加納大輔、(京大炉)櫻井良憲、鈴木実

関連リンク:
顕著業績ページ