北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

東京工業大学の今村壮輔准教授、田中寛教授らによる研究成果がメディアに掲載されました。

2018.06.05 成果

東京工業大学の今村壮輔准教授、田中寛教授らによる研究成果がメディアに掲載されました。
・化学工業日報(2018年02月15日、朝刊第5面)
・PHYS.ORG(2018年02月14日)
https://phys.org/news/2018-02-linking-cytosolic-chloroplast-ribosome-biogenesis.html
・Follownews(2018年02月14日) 
https://www.follownews.com/target-of-rapamycin-linking-cytosolic-and-chloroplast-ribosome-biogenesis-in-plants-4499n
・Plantae(2018年02月14日)
http://globalplantcouncil.org/news-and-events/latest-news/target-of-rapamycin-linking-cytosolic-and-chloroplast-ribosome-biogenesis-in-plants
・Bionity.com 
http://www.bionity.com/en/news/1153486/linking-cytosolic-and-chloroplast-ribosome-biogenesis-in-plants.html?WT.mc_id=ca0068​
・Science Newsline(2018年02月14日)
http://www.sciencenewsline.com/news/2018021414000054.html 
・The Physicist(2018年02月14日) 
http://www.thephysicist.me/feed-items/linking-cytosolic-and-chloroplast-ribosome-biogenesis-in-plants/
・Health & Medicine news(2018年02月14日) 
http://hmnews.org/genetics-news/cluster984878400/

東京工業大学 化学生命科学研究所の今村壮輔准教授と田中寛教授らは、原始的な植物である紅藻「シゾン」では、核、葉緑体、ミトコンドリアがそれぞれ持つリボソームRNAの合成が、お互いに連動して調節されていることを発見しました。本研究成果は、2018年2月14日付で、The Plant Journal(オンライン版)に掲載され、2018年2月16日付で、東京工業大学からプレスリリースされました。

論文情報:
「The checkpoint kinase TOR (target of rapamycin) regulates expression of a nuclear-encoded chloroplast RelA-SpoT homolog (RSH) and modulates chloroplast ribosomal RNA synthesis in a unicellular red alga」
The Plant Journal
2018年02月14日
doi: 10.1111/tpj.13859

関連リンク:
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所