北海道大学・東北大学・東京工業大学・大阪大学・九州大学の共同研究ネットワーク

物質・デバイス領域共同研究拠点

新着情報

阪大産研・名大工の共同研究成果がプレスリリースされました

2020.11.20 成果

大阪大学産業科学研究所の筒井真楠准教授・川合知二招聘教授・鷲尾隆教授・黒田俊一教授と、名古屋大学工学研究科の有馬彰秀特任助教・馬場嘉信教授による共同研究グループは、ナノポアセンサとAI技術を融合させた1粒子検出法を用いて、代表的な呼吸器感染性ウイルス5種(コロナウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、A型およびB型インフルエンザウイルス)を高精度に識別することに成功しました。一回の検査で複数のウイルス、感染症の原因特定に期待されます。
本研究成果は、米国科学誌「ACS Sensors」に、9月16日(金)(米国時間)に公開されました。(https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acssensors.0c01564)
詳細はこちら